インタビュー/取材レポート


【個別インタビュー】映画「タクシー運転手」チャン・フン監督、大ヒットはキャストのおかげ「主人公役はソン・ガンホさんしか思い浮かばなかった」

韓国最新情報画像
<拡大>

韓国で観客動員数1200万人を突破し、2017年のNo.1大ヒットを記録した「タクシー運転手〜約束は海を越えて〜」(配給:クロックワークス)が、ついに日本上陸! 本作は、1980年5月、韓国現代史上、最大の悲劇となった光州事件を題材にし、真実を追い求めた1人のドイツ人記者と彼を乗せたタクシー運転手の物語。実在した2人が肌で感じたありのままを描くことで、1980年5月の光州を紐解いている。

 平凡なタクシー運転手マンソプ役に韓国映画界の名優ソン・ガンホ、ドイツ人記者ピーター役にドイツのベテラン俳優トーマス・クレッチマン。マンソプとピーターを助ける光州のタクシー運転手ファン・テスル役に、唯一
つづき>


インタビュー/取材レポート一覧


戻る
この内容を友達に送信
画面トップへ
WoW!Korea TOPへ

KPOP情報ならwowKpop
新大久保コリアンタウンwowSokb
(C)AISE Inc.