インタビュー/取材レポート


<Wコラム>「ソウル路7017」で発見した「防弾少年団」

韓国最新情報画像
<拡大>

1945年、日本の統治が終わった朝鮮半島。韓国の人々は20年にわたり、理念の衝突と戦争、独裁とクーデータの時代を経験する。そして、1965年の日韓国交正常化。「韓国の産業革命」とも言われるべき時代が始まる。

 それから5年、1970年のソウル駅。巨大な鉄筋コンクリートの構造物がソウル駅の前に建てられる。産業化は都市化を刺激し、古都ソウルは人口の増加や車両の急増を経験する。韓国交通の心臓部であるソウル駅の前に高架道路が建設されたのだ。

 この構造物は「産業化・都市化の象徴」となった。しかし、これはソウルの人々に対して鉄やセメントの塊より遥かに大きな意味を持つ。全国の津々浦々から仕事を
つづき>


インタビュー/取材レポート一覧


戻る
この内容を友達に送信
画面トップへ
WoW!Korea TOPへ

KPOP情報ならwowKpop
新大久保コリアンタウンwowSokb
(C)AISE Inc.