ランニングマン


ハリウッドのメジャースタジオがメイン投資を担った初の韓国映画
ランニングマンの画像
<拡大>

・タイトル:ランニングマン
・ハンクグル表記:런닝맨
・監督:チョ・ドンオ
・キャスト:シン・ハギュン、イ・ミノ、キム・サンホ、チョ・ウンジ
・2013年4月4日 韓国公開
・ジャンル:アクション
・上映時間:127分


ランニングマンの見どころ
韓国映画「ランニングマン」は、ソウル中心地で広がった殺人事件を目撃した男が冤罪を被り、ある瞬間、全国民が注目する容疑者となり追われながら繰り広げられる話を描いた作品。映画振興委員会が韓国映画の海外進出活性化のために、2012年に導入したグローバル事業の支援作として選ばれ、ハリウッドのメジャースタジオである20世紀フォックスがメイン投資を担った初の韓国映画だ。ハリウッドのメジャースタジオが部分投資者として参加した事例はあったが、このようにメイン投資者となるのは同映画が韓国映画史上初となる。主演は多様なジャンルをこなし作品ごとに完璧な演技で見る者を魅了する演技派俳優シン・ハギュン。同作で初のアクション演技に挑戦、一方で軽快なコミカル要素も見せ、新たな姿を誇っている。



ランニングマンのあらすじ
一時、「逃亡の専門家」として名をはせていたが、いまは、昼はカーセンター職員、夜はタクシー運転手として働くチャ・ジョンウ(シン・ハギュン)。若くして“できてしまった”18歳差の息子ギヒョク(イ・ミノ)との関係など気にしない世間知らずのパパだが、息子と二人で住む家をもつことが唯一の夢。ある日、大金をあげるという客が車の中で死んでいるのが発見され、本能的に現場から立ち去ったジョンウは、翌朝には殺人事件の有力な容疑者となっている。息子からも疑われる状況で、全国民が注目する殺人犯になったジョンウは、警察、メディア、正体不明の奴らに追われることに。周囲の人物まで命を失うことになると、これ以上場所のないジョンウは、冤罪を晴らして息子に恥ずかしくないパパになるための反撃に出るのだが…。



ランニングマンの関連ニュース
見せ、「ランニングマン」、「ビデオスター」などのバラエティで.....

俳優カン・テオ、「ランニングマン」でチョン・ソミンに直球告白「もともとヌナを好きだった」

るが、『ランニングマン』に出演したゲストの中で、今年残念なが.....

賞は、「ランニングマン」を9年間引っ張ってきたユ・ジェソクが.....

もっと見る>>



その他の映画作品
ラジオ・スター
ラッキー
ラブストーリー
ラン・アウェイ
ランニングマン
もっと見る>>


俳優 ドラマ 映画 音楽

戻る
この内容を友達に送信
画面トップへ
WoW!Korea TOPへ

KPOP情報ならwowKpop
新大久保コリアンタウンwowSokb
(C)AISE Inc.