芸能(映画)ニュース


イ・シオン、映画「妻を殺した」で10年ぶりの映画主演「あまりにもプレッシャーだった」

韓国最新情報画像
<拡大>

俳優のイ・シオンが10年ぶりに映画お主演を務めることに「あまりにもプレッシャーだった」と率直な感想を明らかにした。

 イ・シオンは5日午後、ソウル・龍山区(ヨンサンク)CGV龍山アイパークモールで行われた映画「妻を殺した」(監督:キム・ハラ)のマスコミ配給試写会の記者懇談会で「主演を任せてくださったキム・ハラ監督へ感謝の言葉を申し上げる。やる前は分からなかったが、あまりにもプレッシャーだった。やってみるとこのようなことは誰もがやるものではないということを感じた」と感想を明らかにした。

 そして「映画を観た後に後悔した場面がとてもある。映画をやっているすべての方々がそうだろう」とし「
つづき>

400 Bad Request

Bad Request

Your browser sent a request that this server could not understand.


イ・シオンの記事一覧
イ・シオンのプロフィール 

ワン・ジヘの記事一覧
ワン・ジヘのプロフィール 


芸能最新記事一覧
スター別記事を見る
トピック別記事を見る


全体 俳優 ドラマ 映画 音楽

戻る
この記事を友達に送信
画面トップへ
WoW!Korea TOPへ

KPOP情報ならwowKpop
新大久保コリアンタウンwowSokb
(C)AISE Inc.