ペ・ドゥナ


中性的な顔と独特な雰囲気を持つ個性派新世代女優
ペ・ドゥナの画像
<拡大>

・名前:ペ・ドゥナ
・ハンクグル表記:배두나
・区分:タレント、女優
・生年月日:1979年10月11日生まれ
・身長/体重:168cm,50kg
・趣味/特技:読書/表情演技
・学歴:漢陽大学演劇映画科
・デビュー:98年、<COOLDOG>カタログモデル
・家族:父 ぺ・ジョンドク、 母 キム・ファヨン、 兄 ぺ・ドゥハン
・ニックネーム:沙悟淨
・血液型:O型
・干支(えと):未
・星座:てんびん座
・好きな食べ物:サムゲタン、コーラ
・宗教:キリスト教
・韓国の所属事務所:セッピョルダン


ペ・ドゥナの代表作
【ドラマ】
『学校』(99/KBS)、『クァンキ』(99/KBS)、『ラブストーリー』(00/SBS)、『愛の遊覧船』(00/KBS)、『RNA』(00/KBS)、『何度も会いたいね』(00/SBS)、『母よ、姉よ』(00/MBC)、『威風堂々な彼女』(03/MBC)、『ローズマリー』(03/KBS)、『勉強の神』(10/KBS)、『グロリア』(10/MBC)

【映画】
『リング』(99)、『ほえる犬は噛まない』(00)、『プライベートレッスン 青い体験(原題:青春)』(00)、『子猫をお願い』(01)、『復讐に憐れみを』(02)、『TUBE』(02)、『頑張れ!クムスン』(02)、『春の日のクマは好きですか?』(03)、『リンダリンダリンダ』(04)、『Someday』(06)、『グエムル〜漢江の怪物〜』(06)、『空気人形』(09)、『人類滅亡報告書』(11)、『KOREA』(12)、『クラウド アトラス(Cloud Atlas)』(12)、『ドヒよ』(14)



ペ・ドゥナの略歴
ペ・ドゥナは舞台女優だった母親の影響で幼少から女優を夢見る。98年よりカタログモデル、CMモデルとして活躍後タレントとしてデビューし、親近感のあるナチュラルさで人気女優となった。並はずれた女優魂があり、関係者や記者からも人気が高い。09年には日本映画『空気人形』に主演し、多くの映画賞を受賞するなど日本でも脚光を浴びている。


ペ・ドゥナのエピソード
・2006年、大ヒット映画『グエムル〜漢江の怪物〜』に出演、怪物に拉致された姪のために闘うアーチェリー選手を演じて好評。 ・2009年、日本映画『空気人形』に出演、“心をもつことは、切ないことでした”とのセリフが韓国でも話題になった。 ・2012年、映画『KOREA』で、日本で開かれた卓球世界選手権大会に南北単一チームとして参加した北朝鮮の卓球選手に扮した。実存人物でもある「リ・ブンヒ」役をあまりにも上手な北朝鮮方言で演じて話題になった。 ・2012年、アメリカのドラマ映画『クラウド アトラス』にてハリウッドに進出した。 ・2013年、映画『クラウド アトラス(Cloud Atlas)』に一緒に出演したイギリス俳優ジム・スタージェスとの熱愛説が浮上したが、「親しい友達関係」と説明された。 ・2014年、映画『ドヒよ(DOHEE-YA:A Girl at my Door)』でフランス・カンヌ映画祭に参加し、報道陣の前で突然「ジム・スタージェスさんと交際しているのは事実」と話した。



ペ・ドゥナの関連ニュース
人気女優チョン・ヘジン、「秘密の森2」電撃出演…チョ・スンウ&ペ・ドゥナと共演

【トピック】女優ペ・ドゥナ、カリスマ性あふれる幼少時代の写真が話題

カン・ダニエルXペ・ドゥナ、”歴代級”広告映像を公開

“V.I(BIGBANG)と熱愛説”ユ・へウォンとは…今夏ペ・ドゥナの事務所と契約した新鋭

もっと見る>>



その他の俳優プロフィール
ペ・ジョンナム
ペ・ソウン
ペ・ドゥナ
ペ・ヌリ
ペ・ヨンジュン
ペク・スンヒ
ペク・ソビン
ペク・ソンヒョン
ペク・チニ
ペン・チイン
ペンス
もっと見る>>


俳優 ドラマ 映画 音楽

戻る
この内容を友達に送信
画面トップへ
WoW!Korea TOPへ

KPOP情報ならwowKpop
新大久保コリアンタウンwowSokb
(C)AISE Inc.