シム・ウンギョン


国民的人気子役から演技派女優へと変貌を遂げた演技派女優
シム・ウンギョンの画像
<拡大>

・名前:シム・ウンギョン
・ハンクグル表記:심은경
・区分:タレント、女優
・生年月日:1994年5月31日生まれ
・趣味/特技:歌、テコンドー
・デビュー:2004年ドラマ『結婚したい女』
・血液型:B型
・干支(えと):戌
・星座:ふたご座
・韓国の所属事務所:マネジメントAND
・日本の所属事務所:ユマニテ


シム・ウンギョンの代表作
【ドラマ】
『結婚したい女』(04/MBC)、『あんぱん』(04/MBC)、『海神』(04/KBS)、『乾パン先生とこんぺいとう』(05/SBS)、『その夏の台風』(05/SBS)、『シークレット・カップル』(05/MBC)、『プラハの恋人』(05/SBS)、『春のワルツ』(06/KBS)、『黄真伊(ファン・ジニ)』(06/KBS)、『太王四神記』(07/MBC)、『テヒ、ヘギョ、ジヒョン』(09/MBC)、『太陽の女』(08/KBS)、『ギョンスク、ギョンスクの父』(09/KBS)、『キム・マンドク〜美しき伝説の商人』(10/KBS)、『赤と黒』(10/SBS)、『マネーゲーム』(20/tvN)

【映画】
『多黙、安重根』(04)、『ヘンデルとグレーテル』(07)、『不信地獄』(09)、『ありがたい殺人者』(10)、『クイズ王』(10)、『ロマンティック・ヘブン』(11)、『サニー 永遠の仲間たち』(11)、『朝鮮の王』(12)、『怪しい彼女』(14)、『相性』(18)、日本映画『新聞記者』(19)

【今視聴できる作品】
怪しい彼女



シム・ウンギョンの略歴
韓国女優シム・ウンギョンは、子役出身の演技派女優。中学生の頃からさまざまな作品で子ども時代を演じ、人気者に。2011年の大ヒット映画『サニー 永遠の仲間たち』での印象的な演技が話題となり、「2011年第48回大鐘賞映画祭」女優助演賞を受賞した。米国の芸術学校に通う。


シム・ウンギョンのエピソード
・2014年、韓国版『のだめカンタービレ』の主演に抜擢。「少女時代」ユナとの競合があった。 ・2017年4月3日、日本の企画会社ユマニテと契約を締結したことを発表した。 ・2020年3月6日、東京で行われた第43回日本アカデミー賞授賞式にて、日本映画「新聞記者」に主演したシム・ウンギョンが、韓国の女優として初めて最優秀主演女優を受賞。



シム・ウンギョンの関連ニュース
シム・ウンギョン 高崎映画祭で最優秀主演女優賞受賞

日本アカデミー賞の最優秀主演女優 シム・ウンギョン「実感わかず」

シム・ウンギョン、映画「新聞記者」で日本アカデミー賞・最優秀主演女優賞受賞の快挙

女優シム・ウンギョン、「毎日映画コンクール」・「アカデミー賞」など日本で4冠

もっと見る>>



その他の俳優プロフィール
シム・ウナ
シム・ウンギョン
シム・ジホ
もっと見る>>


俳優 ドラマ 映画 音楽

戻る
この内容を友達に送信
画面トップへ
WoW!Korea TOPへ

KPOP情報ならwowKpop
新大久保コリアンタウンwowSokb
(C)AISE Inc.