チェ・ヒソ


日本の大阪と米国に居住経験のある帰国子女!映画「ドンジュ」の日本人役で注目を浴びた女優
チェ・ヒソの画像
<拡大>

・名前:チェ・ヒソ
・ハンクグル表記:최희서
・区分:タレント、女優
・生年月日:1987年1月7日生まれ
・身長/体重:162cm,46kg
・趣味/特技:英語、日本語、イタリア語
・学歴:延世(ヨンセ)大学、米UC Berkeley公演芸術学科
・デビュー:2009年映画「キングコングを持ち上げる」
・血液型:B型
・干支(えと):寅年
・星座:山羊座
・韓国の所属事務所:C&CO ENS


チェ・ヒソの代表作
【映画】
『キングコングを持ち上げる』(09)、『マークのフェスティバル』(11)、『空と風と星の詩人 〜尹東柱の生涯〜』(16)、『朴烈』(17)、『オクジャ/okja』(17)



チェ・ヒソの略歴
韓国女優チェ・ヒソは映画「朴烈」や「オクジャ/okja」に出演した注目の女優。 彼女の父親は銀行員だ。幼少期は日本の大阪で暮らし、韓国人学校に通った。中・高校時代は米国で生活し、韓国帰国後は延世(ヨンセ)大学でイタリア語を第2外国語として学ぶ。また、中国進出に向け中国語も学習した。そのため5ヶ国語に優れている。 2008年、韓国人で初めてカリフォルニア大学バークレーキャンパスで公演芸術功労賞を受賞し、英国のドラマスクール進学を目指す。しかし、進学に失敗し、韓国で2009年、映画「キングコングを持ち上げる」に出演して本格的な演技活動を始めた。 2016年、映画「ドンジュ」で流暢な日本語の実力を誇り、日本人女性クミ役で注目を浴びた。2017年「朴烈」では、朴烈は同志であり恋人の金子文子役を熱演した。


チェ・ヒソのエピソード
・2017年10月25日、「第54回大鐘賞映画祭」で新人女優賞と女優主演賞の2冠を達成した。



チェ・ヒソの関連ニュース
チェ・ヒソ&一般男性、G.O(MBLAQ)&チェ・イェスル、今日そろって挙式“本日はウェディングデーなり”

「青龍映画賞」女優チェ・ヒソ、イ・ジュンイク監督について「せりふがなくても出演したい」

<第37回韓国映画評論家賞>パク・ソジュン&チェ・ヒソ、新人賞受賞

女優チェ・ヒソ、大鐘賞2冠王「これからがスタート」…映画「朴烈」では日本人役を熱演

もっと見る>>



その他の俳優プロフィール
チェ・イェスル
チェ・ウォンミョン
チェ・ウシク
チェ・ウヒョク
チェ・ガンヒ
チェ・ジウ
チェ・シウォン
チェ・ジョンアン
チェ・シラ
チェ・ジンシル
チェ・ジンヒョク
チェ・スジョン
チェ・スジン
チェ・スビン
チェ・ソジン
チェ・ソンヒョン
チェ・ダニエル
チェ・テジュン
チェ・ヒソ
チェ・ヒョンジュ
チェ・ミンシク
チェ・ミンス
チェ・ユファ
チェ・ユンソ
チェ・ユンヨン
チェ・ヨジン
チェリム
もっと見る>>


俳優 ドラマ 映画 音楽

戻る
この内容を友達に送信
画面トップへ
WoW!Korea TOPへ

KPOP情報ならwowKpop
新大久保コリアンタウンwowSokb
(C)AISE Inc.