インタビュー/取材レポート


【独占インタビュー】脱力系異端児「DOZ」デビュー曲が生まれた理由は「大の日本好き」

韓国最新情報画像
<拡大>

「ありがとうごじゃいます」(にっこりマッコリCM)という一度聴いたら耳から離れないファニーな歌詞とメロディーで、一躍CM業界の脚光を浴びた韓国人デュオ「DOZ(ディーオージー)」。中毒性のある音楽に加え、個性的なヘアスタイルも印象的な2人(ユ・ジュンソンとイ・ギウク)は、社会派ラッパーとしても知られ、韓国トップに君臨するMC Sniperのレーベルからデビューした逸材だ。

 作詞作曲を自ら手がけ、短期間で完成させたという「ありがとうごじゃいます」は、Youtube(ユーチューブ)やTwitter(ツイッター)などSNSを通じて話題となり、その驚異的な再生回数で音楽関係者の度肝を抜いた。こ
つづき>


インタビュー/取材レポート一覧


戻る
この内容を友達に送信
画面トップへ
WoW!Korea TOPへ

KPOP情報ならwowKpop
新大久保コリアンタウンwowSokb
(C)AISE Inc.