インタビュー/取材レポート


<Wコラム>日本と違う韓国のビックリ〜テレビ局に抗議する子孫たち

韓国最新情報画像
<拡大>

たとえば、韓国時代劇に自分の先祖が出たとする。とてもいい役だった場合は子孫もうれしいだろうが、逆に、目も当てられない悪役だったときには、子孫がカンカンに怒ってテレビ局に抗議に出向いたりする。それは、韓国ではよくある話なのである。


◆申叔舟とは誰なのか

 パク・シフとムン・チェウォンが“朝鮮王朝時代のロミオとジュリエット”を演じたドラマが『王女の男』で、韓国で大ヒットした。この作品は、1455年に起きた叔父(後の7代王・世祖〔セジョ〕)が甥(6代王・端宗〔タンジョン〕)から王位を奪う事件を題材にしている。

 その中に申叔舟(シン・スクチュ)という人物が出てくる。

 彼
つづき>


インタビュー/取材レポート一覧


戻る
この内容を友達に送信
画面トップへ
WoW!Korea TOPへ

KPOP情報ならwowKpop
新大久保コリアンタウンwowSokb
(C)AISE Inc.