インタビュー/取材レポート


<インタビューその1>俳優チュ・ジフン、映画「阿修羅」は男の世界ではなく人間の世界だ

韓国最新情報画像
<拡大>

韓国俳優チュ・ジフンにとって映画8作目となる「阿修羅」は、特に格別な思いがあるようだ。これまで出演した作品を大切にしてきたが、「『阿修羅』は今まで出演した作品の中で感情的にも肉体的にも難易度が一番高かった」と述べるほど熾烈だった作品であるため、特別になるしかないのだった。「阿修羅」とそれを作ったキム・ソンス監督、先輩俳優のチョン・ウソン、ファン・ジョンミン、クァク・ドウォン、チョン・マンシクはチュ・ジフンをムン・ソンモそのものになるよう導いた。「常に戦慄を覚えた撮影現場だった」と振り返っていたチュ・ジフンが、「阿修羅」と共にした4か月は「幸せしかない時間」そのものだったという。何より、先輩・後
つづき>


インタビュー/取材レポート一覧


戻る
この内容を友達に送信
画面トップへ
WoW!Korea TOPへ

KPOP情報ならwowKpop
新大久保コリアンタウンwowSokb
(C)AISE Inc.