南営洞1985


故キム・グンテ民主団常任顧問の手記をもとに拷問事件を描いた作品
南営洞1985の画像
<拡大>

・タイトル:南営洞1985
・ハンクグル表記:남영동1985
・監督:チョン・ジヨン
・キャスト:パク・ウォンサン、イ・ギョンヨン、ミョン・ゲナム、キム・イソン
・2012年11月22日 韓国公開
・ジャンル:ドラマ
・観覧等級:15歳以上観覧可
・上映時間:106分


南営洞1985の見どころ
韓国映画「南営洞1985」は、故キム・グンテ民主団常任顧問の自伝的手記をもとに1985年、南営洞(ナミョンドン)の対共分室で起きた22日間の残忍な拷問を描いた作品。韓国での観覧可能年齢は15歳以上である。劇中には、主人公がひどい拷問を受け、悲惨な姿になるなど過激なシーンが登場する。



南営洞1985のあらすじ
全国民の息までも検閲する軍部独裁が猛威を振るった1985年9月4日、民主化運動家キム・ジョンテ(パク・ウォンサン)は家族たちとの銭湯の帰り道に警察に連行された。以前からしばしば警察に呼ばれていたため、大したことはないだろうと考えていた彼は、正体不明の男たちの手によりどこかに引きずられていく。目隠しをされたまま着いた場所は南営洞(ナミョンドン)の対共分室。その日からキム・ジョンテは狭くて暗い中で拷問を受け、偽りの陳述書を強要される。それを拒否するキム・ジョンテ。しかし、「チャン医師」と呼ばれる拷問技術者イ・ドゥハン(イ・ギョンヨン)が登場し、彼の人生をひっくり返す残酷な22日が始まる。



南営洞1985の関連ニュース
2)、「南営洞1985〜国家暴力、22日間の記録〜」(201.....

論」、「南営洞1985〜国家暴力、22日間の記録〜」、「観相.....

矢」や「南営洞1985」など、社会批判的な映画を主に扱ってき.....

映画「南営洞1985」 東京と大阪で来月上映

もっと見る>>



その他の映画作品
内部者たち
泣く男
ナチュラル・シティ
夏物語
7級公務員
7号室
7年の夜
7番部屋の贈り物
南営洞1985
南山の部長たち
南漢山城
南極日誌
もっと見る>>


俳優 ドラマ 映画 音楽

戻る
この内容を友達に送信
画面トップへ
WoW!Korea TOPへ

KPOP情報ならwowKpop
新大久保コリアンタウンwowSokb
(C)AISE Inc.